2019年1月5日

ワンズピープル株式会社

 

「お客様本位の業務運営に係る方針」に対応する取組内容を以下に定めます。

 

方針1 お客様本位の業務運営

当社は、経営理念に則りお客様の人生設計、経営方針に合わせて保障(補償)内容を考え、質の高いサービスとコンサルティングの提供に取り組んで参りました。今後も、お客様の良き相談者としての責務を自覚し、高度な知識を追い求め、お客様への高品質な情報提供に努め、あらゆる業務運営においてお客様本位で行動するよう努めてまいります。


・当社は、お客様に寄り添い、お客様の人生設計に合わせて保障内容を一緒に考え、質の高いサービスとコンサルティングを提供し、お客様の生活の安定と向上のために努めております。

・金融庁から公表された「顧客本位の業務運営に関する原則」を踏まえて、保険代理店としてお客様本位の業務運営をより一層推進するため、「お客様本位の業務運営に係る方針」を制定しております。

・また当該方針に対応する主な取組状況を「お客様本位の業務運営に係る取組内容」としてとりまとめております。今後は社内で定期的に審議を行い更新・公表してまいります。

 

方針2 保険商品のご提案

当社は、保険商品を取り扱う代理店として、法令等を遵守し、以下の事項を徹底するよう努めてまいります。
①常にお客様の立場に立ち、お客様を取り巻くリスクの分析や、コンサルティング等を通じてお客様のニーズに合った保険商品のご提案をいたします。
②お客様に商品内容や仕組みを十分ご理解していただけるよう、商品内容およびリスク内容についてわかりやすく説明し、お客様のご意向に対応していることを確認いたします。
③お客様に質の高いご提案を行うために、教育研修等を通じ、常に専門知識の向上に努めてまいります。


【 考え方 】
当社は、保険商品の募集にあたっては、お客様のご意向を把握し、当該ご意向に対応した商品をご提案し、当該商品がお客様のご意向にどのように対応しているかも含めて分かりやすくご説明し、お客様自身に自らのご意向に対応したものであることをご確認いただくことが重要と考えております。また、お客様に商品内容を正しくご理解いただくために、適切な情報提供や分かりやすい説明が重要と考えております。

【 具体取組 】
1.お客様のご意向等を踏まえた商品提案
(お客様のご意向の把握、ご意向に対応した商品提案)
・当社は、お客様の状況やご意向を把握したうえで、それらに対応した保険商品のご提案を行うとともに、これらを適切に記録し、後々もその内容が確認できるよう社内規則等の制定や研修その他の体制の整備に努めております。

・上記に基づき当社では、商品提案を行う前に必ず保険商品に対するお客様のご意向を把握し、当該ご意向に対応した商品をご提案のうえ、当該商品がお客様のご意向にどのように対応しているかも含めて分かりやすく説明いたします。また、お客様自身に自らのご意向に対応した保険商品であることをご確認いただく機会をご提供しております。

・加えて、ご提案する商品がお客様のご意向にどのように対応したものであるかを丁寧に説明するよう努めており、更に、お申込手続時においても、当該申込み内容がお客様のご意向に対応したものとなっているかどうかを改めてご確認いただいております。

・外貨建保険や変額年金など、ご加入時に保険会社が支払う保険金・給付金等の金額が確定しおらず、運用リスク等がお客様のご負担となる投資性の強い商品(以下、特定保険契約)をご提案する場合お客様の保険その他金融商品に関する知識、保険商品ご加入の目的、お客様の年齢、家族状況、財産状況等を把握したうえで、お客様に応じたご提案を行う方針です。

( 高齢のお客様の等への募集 )
・当社では、一般的に高齢になるにつれ認知能力低下等の変化が生じることを踏まえ、70歳以上のお客様が保険商品にご加入される際には、ご家族の同席・同意をお願いする等、ご加入の意思等をより丁寧に確認させていただくよう努めております。

・また、障害のあるお客様に配慮すべき事項について、社員が適切な対応を行えるよう研修を実施しております。

2.重要な情報の提供
( 契約概要・注意喚起情報 )
・当社は、お申込みに際し、お客様に保険商品の内容・仕組みをご理解いただくために特に重要な情報を記載した「契約概要」(設計書)と、ご加入にあたって特にご注意いただきたい情報を記載した「注意喚起情報」を交付・説明しております。

・特定保険契約については、お客様への説明資料において当該商品でお客様のご負担となる手数料やリスクについて、正しくご理解いただけるよう丁寧に説明するとともに、解約払戻金額が払込保険料総額を下回るケース等も含めた複数のシュミレーションを記載した説明資料をお渡しして説明する等、当該商品についてご理解を深めていただけるよう努めております。

3.保険料・保険金等に関する情報提供
・当社は、ご加入時に保険金・給付金等の額が確定している保険商品について、お客様にお支払いいただく保険料と、保険会社がお支払する保険金・給付金等の金額等をお客様にご理解いただくために、「契約概要」で保険料・保険金額・支払事由等を、「注意喚起情報」で保障の開始時期や保険金・給付金等をお支払できない場合等を丁寧に説明するよう努めております。

・また特定保険契約については、ご加入時に保険金・給付金等の金額が確定しておらず、保険料のうち運用の原資となる金額が重要であるため、他の類似の金融商品との比較可能性を担保する観点も踏まえ、「注意喚起情報」でお客様のご負担となる費用(保険契約関係費、資産運用関係費等)をご丁寧にご説明するよう努めております。

方針3 利益相反の適切な管理

当社は、お客様の利益を不当に害するおそれのある取引きを適切に把握・管理するための体制を整備し、維持・改善に努めてまいります。


【 考え方 】
・当社は、お客様の利益の保護に万全を尽くすため、お客様の利益を不当に害するおそれのある取引き(利益相反の可能性がある取引)を適切に把握・管理するための体制を整備することが重要と考えでおります。

【 具体取組 】
・当社では、社員が上記記載の「お客様のご意向等を踏まえた商品提案」を適切に実施しているか検証するため、定期的にコンプライアンス点検を行っております。具体的には、社員がお客様のご意向と提案商品との関係について記録した帳票等について、定期的にサンプル点検を行うほか、社員に直接ヒアリングのうえ、適切なご提案が行われていたかどうかの検証を行っております。

・加えて、お申込みをいただいてから短期間で消滅してしまった契約等、募集の適切性が懸念される契約については、適宜、責任者が社員へ事情を確認するほか、必要に応じて直接お客様のご意向を確認する等、適切な提案・対応が行われていたのか検証を行っております。

・上記の検証の結果、万が一不適正な募集が発覚した場合は、審議のうえ誠実かつ迅速に対応すべく体制の整備に努めております。

方針4 お客様の声を経営に活かす取組

当社は、お客様のご要望に、誠実かつ迅速にお応えするとともに、お客様の声を大切にし、学び、業務運営の改善に努めてまいります。


【 考え方 】
・当社は、お客様から寄せられたご意見、ご要望、ご不満等を「お客様の声」として真摯に受けとめ、社内で共有し業務運営に反映させていくことが重要であると考えております。

【 具体取組 】
・当社は、お客様から寄せられたご意見、ご要望、ご不満等を「お客様の声」として真摯に受けとめ、一人ひとりの「お客様の声」に、誠実かつ迅速にお応えするよう努めております。

・また、これらのお客様の声を業務運営に反映させるため、定期的にお客様の声およびお客様サービスに関する制度・体制等の改善に向けた審議を行っております。

方針5 方針の浸透に向けた取組

当社は、当社員があらゆる業務運営においてお客様本位で行動していくため、研修体系等の整備および当方針の浸透に向けた取組みを進めてまいります。


【 考え方 】
・当社は、保険募集のみに着目することなく情報提供等のサービスを通じて、当社員がお客様の最善の利益を追求することができるような体制を整備することが重要と考えております。

・また、「お客様本位の業務運営に係る方針」の浸透に努めるとともに、当社員に対し、高度な専門性や職業倫理を保持させる観点から研修・教育を実施し、お客様本位の業務運営をより一層推進することが重要と考えております。

【 具体取組 】
(研修・教育)
・当社は担当社員が保険商品の内容・仕組み等への理解を更に深めるとともに、お客様のご意向に対応した商品提案ができるよう、社内教材を常時閲覧できるようにするとともに、社内研修制度の充実・高度化に努めてまいります。

・また、保険商品だけでなく、金融商品、社会保障制度、不動産、税務、相続等、FP全般に関する知識・資格の習得を推奨しております。

( 理念・方針等の浸透 )
・当社は「お客様本位の業務運営に係る方針」の浸透に向け、会議・研修等において社員へ語りかけることに加え、全社員が閲覧できるマニュアル等に掲載する等の取組みを行ってまいります。

・また今後は、お客様本位の業務運営のより一層の推進に向け、経営会議において、「お客様本位の業務運営に係る取組」につき、審議を行ったうえで定期的な更新・公表を行ってまいります。